フランス猫は名前で生まれ年がわかる⁉

皆さん、こんにちわ!

ちょっと古いお話だそうですが、フランスの猫の名づけには決まりがあったそうです。

「1926年から順にペットの名前をアルファベットのAから始まる名前にしなければいけない」

わかりやすくいうと、1926年に生まれた犬や猫は”A”から始まる名前を付けましょう、というお約束です。
当時無秩序だった犬や猫の登録を規則正しく管理するために定められたそうです。
もちろん現在はそのような規則は関係なく、自由につけていいそうですよ。

とはいえ、今でも動物病院などには生まれ年とアルファベットの表が貼ってあったりするそうです。

 

一部ですが、こんな感じ。
名前に使いにくいアルファベット「Q」とか「X」とか「Z」とかは抜かされているか、
こんな感じで、どのアルファベットでも使っていい、といった様子のようです。

知人はフランス猫のシャルトリューを飼っているのですが、
この表にならい”O”から始まるかっこいい名前を付けていました♪
つまり2018年生まれなのかな~なんて、生まれ年がわかるのも面白いですね!

 

© 2020 cocopet. All Rights Reseved.