ペットを飼っている人がコロナウイルスにかかったら

みなさんこんにちわ!
コロナウイルスによって在宅勤務になっている方、
現場で支えてくださっている方、経済活動のために頑張ってくださっている方、
そしてその家族の皆さん、色々な方がいらっしゃると思いますが、
まずはじめに思うことは「みんなありがとう。一緒に乗り切ろう!」っですね!

今日は、もしもペットを飼っている人がコロナウイルスにかかったららどうするか?を
調べました!

まずはじめに確認ですが、
もしも自分が入院や隔離生活をしなければいけなくなったとき、
あなたはペットをどうしますか?

そんなこと考えたことなかった!と思う方がほとんどではないでしょうか?
旅行であれば気軽にペットの代理飼育を頼むことができますが、
コロナウイルスという未知なる強敵によって、それは簡単なことではなくなっています。
ペットを代理飼育(ペットホテルや知人)に預ける際には
預ける側も預かる側も、感染しない(させない)ために準備と細心の注意が必要となります。

まず自分が感染したら、濃厚接触者ではない別居の家族や知人・ペットホテルなどに
代理飼育をお願いできるか確認をしましょう。

代理飼育をお願いする場合には、受け渡すペットの身の回り品をすべて消毒し、
可能であればペット自身もシャンプーなどをしてあげると良いそうです。
体調不良の中、ここまですることが困難かと思われますので、
代理飼育してくれる人へどこまでお願いすることができるか相談しておきましょう。

 

コロナウイルス感染症が拡大する中で絶対に避けるべきことは
「対象のペットを必要以上に過酷な管理環境に置くなど、動物の福祉を守られないような管理にならないよう気をつけなくてはならない」
ということは間違いないでしょう。

いざという時のために、日頃から準備をいたしましょう!
これはこのコロナウイルス騒動だけに限らず、
ペットその幸せな生活のために必要なことであると自覚することが大事だと思います。

© 2020 cocopet. All Rights Reseved.