犬のマウンティングってやめさせた方がいいの?

みなさん、こんにちわ!
今日は犬のマウンティングについてのお話です!

そもそもマウンティングってどのようなもので、何のためにしているのかご存知ですか?

 

マウンティングとは…

他の犬や人、物に覆いかぶさり、腰を振る動作のことをいいます。
性別関係なく、早い子だと生後2~3か月からそのような動作がみられることがあります。

 

なぜマウンティングするの?

①他の犬に対してする場合
オスがメスにマウンティングをしてしまう場合は、メス犬のフェロモンを察知して興奮してマウンティングしてしまいます。
もしオス同士やメス同士の場合は相手より自分が強いということをアピールするためにしてしまいます。
②モノや人に対してする場合
遊んでほしい時、かまってほしい時、遊びに夢中になって興奮している時に行なうことが多いそうです。
クールダウンのために行なっている時もあるそうです。
ですが一説によると、飼い主にマウンティングを行なう場合は、自分より飼い主を下に見ている場合もあるそうです。

 

さて、このマウンティングの行為ですがやめさせる必要はあるのでしょうか?
結論からいえば、「やめさせるべき」だそうです。

 

マウンティングをやめさせるべき理由

散歩中に近所の犬にマウンティングしてしまった場合、された方の犬にとってはかなりの屈辱であり、
その後の犬生活に恐怖心を抱いてしまう可能性もあります。
マウンティングされてしまい、お散歩に行けなくなってしまってはかわいそうですよね…
さらにマウンティング行為は癖になりやすく、常習化してしまうとやめさせるのが難しくなるので
小さなころに早めにしつけを行なう方が良いそうです!

 

マウンティングをやめさせる方法

犬に対してマウンティングしようとしているならば、すぐに「おすわり」や「待て」などで愛犬の欲求を静止しましょう。
そのためにも日頃からしつけはとても大切ですね!
人にしている時には大きな声で叱るようなことはせず、静かに無視をする方がよいそうです。
「自分はとても不快だ。もう遊んであげない。」といった意思を伝えることが大事です。

 

愛犬の様子をよく見ていれば、次に何をしようとしているかよくわかるはずです。
愛犬との信頼関係を構築することは、幸せなペットライフの第一歩ですね^^

 

© 2020 cocopet. All Rights Reseved.